Entries

基礎講座3

今日は

『基礎講座3』

・・・の内容のご案内です。

その前に、基礎講座1と2について、再度掲載。


ホメオパシー基礎講座1
2017年5月11日(木)10時~12時半 イトコーモデルハウス2F
テーマ:緊急時のレメディー

ホメオパシー基礎講座2

2017年6月8日(木)10時~12時半 イトコーモデルハウス2F
テーマ:風邪のセルフケアー


3回目のテーマは

「長引く症状の改善」

です。


ホメオパシーでは、レメディーを選択する際に
その病気が、次のうちのどちらなのか
を見極めることを大切にしています。

それは、

急性  or  慢性

です!

急性症状は、文字通り
急に、あっという間に、または
気づかないうちに始まって
割と早いスピードで悪化して
それは、とってもしんどいのだけど
改善するのも早いという場合。

それに対して
慢性症状とは
良くなったと思ったら
またぶり返した、とか

鼻水は止まったけれど
咳だけがずっと続いてる、とか

古傷が
雨の日に、しくしく痛む

などという、いや~な状態が
ぐずぐずと続いていることです。


前回のブログにも書きましたが
ホメオパシーセルフケアー基礎講座は
基本的には、急性症状を緩和するための
学び場です。



ですが、例えば

風邪の後に咳だけが残る

というように
日常生活は過ごせているけど
不快な状態が続いているのは
嫌ですよね。

それについては、
何か深刻な病気が隠れている場合も
あるので、慎重にご自身の身体の変化を
観察しつつ、
セルフケアーも段階的に変化させて
いくことができます。


そういう時の、レメディーでの対応の仕方を
一緒に学んでいきましょう。

ホメオパシー基礎講座3
日時:7月13日(木)
場所:イトコーモデルハウス 2F



基礎講座のお申し込みは、こちらから

ホメオパシー基礎講座

単発でも申し込めます!

4回トータルでのお申し込みの場合は
受講料が5%割引になります。


基礎講座2

ホメオパシーの基本キットを手に入れて
最初に使ってみようかな、と思う症状の1つは

風邪気味?
やだ~。今風邪引きたくないなぁ・・・。

だと思います。

基礎講座の2回目は、ここにスポットを当てて
レメディーの解説をしていきます。

まずは、日にちと場所ですね。

日時:2017年 6/8(木) 10時~12時半
場所:イトコーモデルハウス 2F


1ヶ月に1回のペースなので、
忙しい方も無理なく参加してもらえると思います。

さて、
風邪の初期症状は、人に寄って、その時に寄って
微妙に違うと思います。

私の場合は、なんとなく軽い咳が出る。
咳、というより、喉のあたりに違和感があって
咳払いをしたくなる、という感じです。

あるいは、
目の奥が熱く感じて
目をつぶっていたくなる、
というのもあります。

このような時、普通はだいたい「見過ごし」ますね。


気のせいかな


でも!
ここで、例えば、
Acon(アコナイト)やFerr-p(ファーランフォス)
を入れておくと、自然治癒力にスイッチが入り、
特に好転反応も出ずに、不快な症状だけが
去っていってくれるのです。

ちょっと傾いたバランスは、同じくちょっとのチカラで
元に戻せるんですね

病気というのは
ざっくり言うと
「過剰反応」か「反応不足」によって
バランスが崩れている状態です。


風邪を引いて、
鼻水が大量にでて、くしゃみ連発!
これが過剰反応の状態。

風邪をひいたみたいだけど
熱も出ないし、他にもまったく症状ない
でも、しんどくて動けない。
これ、反応不足。


それを中庸に戻すことで
素早く健康を取り戻せます。
なるべく、早い段階でね。

レメディーは、そのスイッチ。
決して、レメディーが治しているのでは
ありません。

ご自身の治癒力で、治っているのです。

基礎講座では、早い段階でのセルフケアーについて
学んできます。

酷く複雑に悪化したり、
慢性化したものは、
セルフケアーの対象ではありません。


基礎講座のお申し込みは、こちらから

ホメオパシー基礎講座

単発でも申し込めます!

4回トータルでのお申し込みの場合は
受講料が5%割引になります。

ホメオパシー基礎講座のご案内

4/17は、久々の大雨の中で、イトコーさんにて
ホメオパシー入門講座を行いました。

当日の様子を、イトコーエコショップの店長
わっちゃんが、ブログにアップして下さいました。

ホメオパシー入門講座


8ヶ月を迎えた妊婦さんが、お二人いらっしゃって

「基礎講座も来たいんだけどね~。生まれちゃうと
来れないもんね・・・」

はい、そうですね

でも、単発でも参加できますので、
是非、5月だけでも~、とお伝えしました。

5月から始まる基礎講座は、こちらの日程で行います。

ホメオパシー基礎講座

36種類のレメディーが入った基本キットのレメディーを
今日からでもすぐ使えるように!ご説明します。

1回目:5/11(木) 10時~12時半
【内容】 緊急時のレメディー


事故、怪我に対応できるレメディーを知っておくことは
本当に大切です。
例えば、骨折(複雑でない)した場合でも、
Arn(アーニカ)2時間ごとにリピートすることで
その後の治りのスピードが全然違ってきます。

子供さんや育ち盛りの運動部のお子さん
また、高齢者の介護をされている方など
怪我をしやすいご家族がいる人には

呪文のように、

「怪我にはアーニカ」

と唱えながら
覚えていただきたいと思います。

1回目は、レスキューに関するレメディー満載で
お届けします!

2回目以降については、次のブログでお届けします。

基礎講座のお申し込みは、こちらから

ホメオパシー基礎講座

単発でも申し込めます!

4回トータルでのお申し込みの場合は
受講料が5%割引になります。

みなさんのご参加をお待ちしております。

ホメオパシー入門講座


今日4月10日は、ホメオパシーの父、サミュエル・ハーネマンの
誕生日です。

1755年の今日、ハーネマンはドイツに生まれました。

ハーネマン

彼は、このホメオパシーを発見し、確立し
よりよいものにするために生涯を尽くしました。
250年以上も前に誕生したホメオパシー、
今、その恩恵にあずかれるのも、
ハーネマンさんのおかげです。

そんなホメオパシーの入口にたつ「入門講座」
4月17日(月)、まもなく豊川のイトコーさんで開催です。

ホメオパシーって何?というお話を
歴史や原理も踏まえて、でも難しいお話はなるべくわかりやすく
お伝えしていきます。

初めての方も大歓迎です!

会場のイトコーさんのイベントホームページからも
お申し込みいただけます。

あと3名様ほど入れますので、迷っている方は
ぜひ、お待ちしています。

eco


ホメオパシー入門講座(豊川)


春ですね。
近くの公園でミモザが満開になり、黄色いポンポンのような
お花が、風に揺られて踊っています。

IMG_1067mimoza.jpg

ミモザは南仏では、日本の桜のような存在で
春の訪れとともに咲くこの花は、人々に心待ちにされて
いるようです。

でも、この花の花粉で悩んでいる人もいるようです。
ミモザのレメディーを作ったら、良いかもしれませんね!

*******************************************************

さて、4月からいつもお世話になっている豊川のイトコーさんで
『ホメオパシー入門講座』を開催致します。

『ホメオパシー入門講座』
日時:2017年4月17日(月) 午前10時~12時
場所:イトコー モデルハウス2F
参加費:2,000円



こんな方にお勧めです。

★ホメオパシー、初めて聞いた!知りたい!
★レメディーキットを持っているけど、実はホメオパシーって何?
★キットを使って、レメディーの効果に驚いているけれど、どうして効くの(笑)

こちらの講座を聞いてもらえれば、
ホメオパシーの歴史から原理、レメディーの成り立ちに至るまで
一通りのことを学んでいただけます。

そして!

5月からは、いよいよ
『セルフケアーのための基礎講座』
毎月1回のペースで、同じくイトコーさんにて開催予定です。

「基礎講座」では、レメディーキットをご家庭で使いこなせるように
実践的に学んでいきます。
こちらに参加するためにも、是非「入門講座」
基本的なところを理解していただけると、ますます楽しくなると
思います。

ちなみに、5月から『セルフケアーのための基礎講座』は、
下記の日程で準備しています。
是非、空けて予定を空けておいてくださいね~。

5月11日、6月8日、7月13日、9月14日 
(第2木曜日、8月はお休み)

******************************************************

4月17日のホメオパシー入門講座のお申し込みは
こちらからです↓↓↓

イトコーさん 電話0120-86-4191(ハローよいくうき)
または、ブログにコメントください!
先着9名様まで

お待ちしています♪

ご案内

プロフィール

スズキユーコ

Author:スズキユーコ
浜松在住ホメオパス

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム