Entries

10月のホメオパシー講座 イトコーモデルハウス

ginko

真夏か!とツッコミを入れたくなるほどの暑さが
彼岸を過ぎて10月に入ってからも続いていますね。
去年の記憶はすでにありませんが、
何だかやっぱり、去年より今年は暑いような気がします。

そんな、過去の記憶をどんどん忘れてしまう世代の方に
お届けしたいのが、10月のホメオパシー講座です。
(悪いジョークですよ~^^;)


今日から使えるホメオパシーVol.7
『年を重ねてもますます元気に!』

穏やかで副作用のないホメオパシー療法で、
年を重ねても、元気で健康に暮らしていく
ヒントを学びましょう。

***********************************

日時:2016年10月31日(月) 10時~12時

場所:イトコーモデルハウス2F(豊川市諏訪西町2-248)

参加費用:2000円


***********************************

高齢者、シニア世代・・・
年齢的にはいくつぐらいの方を指すのかと調べてみると
おおよそ65歳ぐらいのようです。

しかし、年齢ではありませんね。
ホメオパシーでいうところのバイタルフォース(生命力)
がみなぎっている方は、心身ともに活発に動いているし
色々なことが重なって、ちょっと元気がない方は
休憩したり、エネルギーを温存したりして
飛躍のチャンスを待っているかもしれません。

ただ、どうしても年を重ねるということの中に、
体力気力の衰えを感じることは、出てくるものです。

そんな時に、予防の観点からホメオパシーを捉えて
日々の暮らしの中に、レメディーやマザーチンクチャー
(ハーブ療法)を取り入れることができます。

例えば、「どうもウチの家系は、○○病になる傾向があって・・・」
という方で、なんとなくご自身にもその傾向が感じられる、と
言うならば、細胞活性ティッシュソルトを摂ってみる。

すでに、どこかの臓器のはたらきが少し衰えているよ、という
信号が点滅している方は、臓器をサポートするマザーチンクチャー
飲んでいく。

また、年齢を重ねるがゆえの心配事というのはあるかもしれません。
例えば、配偶者が病で倒れたり、先立たれたりした時のショックや孤独感。
そのような出来事を受け入れ乗り越えることを助けてくれるレメディー


健康に対する不安や心配を、「恐れ」をベースにするのではなく
「注意信号」なんだから、気をつけて生活して行こう!と考えてみると
楽しんで継続できると思います。

今回の講座では、年を重ねても、元気で健康に暮らしていく
ヒントをお伝えしていきます。

シニア世代の方はもちろん、親、高齢者の介護に携わる中年期の方々
お若い方も、興味ある方はぜひいらしてください。


参加申込:イトコーエコショップさん 0120-86-4191(ハローよい空気)
先着8名様までとなります。





Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

スズキユーコ

Author:スズキユーコ
浜松在住ホメオパス

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム